天然素材100%の素材で、お好きなサイズや重さにオーダーで一枚一枚手作りでお仕立てする専門店。

HOME  > 商品一覧 > 掛け布団
掛け布団

掛け布団 商品一覧

かけ布団について

軽くて暖かく、肌添いの良いのが基本です。
そして通気性・吸収性のある、つまり天然素材100%がおすすめです。
ご希望のサイズや重さ、お好きな側生地でオーダーでお仕立てしています。

【種類】
羽毛、シルク、エジプト綿、ウール、米綿

羽毛

羽毛の基本中の基本


羽毛布団にはダウン(ふわふわした丸い毛)とフェザー(羽根のような形)が入っています。どちらも採取した時は軸というものがついていて、その軸の中にゴミや鳥の皮膚片が入り込み、そこで細菌が繁殖して、あの嫌な臭いやアレルギー反応を起こす原因となります。

あの嫌な臭いやアレルギー反応を起こさないようにするには、軸の中まで綺麗に洗浄することがカギです。


 

「羽毛は押して叩いて嗅いでみる」
 

①押してみるのは、反発力のパワー

②叩いてみるのは、埃や除塵が残っていないか

③嗅いでみるのは、いかに綺麗に洗浄できているか

これは羽毛の輸出入の業界では、知らない人はいないくらい有名な亡き清水守さんのお言葉です。

最初にヨーロッパに一緒に行った時に教えて頂きました。
 

『おかもっさん、ほんまにええ羽毛か判断するには押して叩いて嗅いでみる。これが基本中の基本よ』
この言葉は今も忘れません。


ハンガリーの羽毛向上にて(清水氏)

     今は亡き 清水 守さん


①の反発力とは、ダウンジャケットやスポーツメーカーも採用している国際的な羽毛検査期間であるIDFLによる認証を羽毛布団全てにとっています。その証として羽毛布団には、輸入ナンバーや原産地証明書、輸出者、ダウン率、IDFL取得ナンバーまで記載されたクオリティカードを全てつけています。

 

クオリティカードの内容

つまり表記された羽毛が間違いなく入っているという証拠です。

これがあればどこの国の〇〇地域の〇〇農場〇〇ひなまでわかります。


反発力のある羽毛は、しっかりした中芯を持っていて、へたりにくく一つ一つのダウンボールが大きいため、暖かい空気層を多く含むことができるので、保温力が高く暖かい最高の羽毛です。

おかもとは、産地や、ラベルや、大手メーカーのネームバリューにとらわれない本物の羽毛を選んでいます。


一般に販売されている羽毛布団の重さは、シングルで1.3〜1.5kgですが、おかもとでは約1kg前後と軽量です。よく増量タイプってありますが、増量しないと暖かくないから増量しているのです。おかもとの羽毛はダウンボールが大きく、しっかりしているから、軽量で、十分暖かい!!


②③の除塵と洗浄は、ヨーロッパの原産国で目の当たりにしてきました。
量販店に行くコースと専門店に行くコースは洗浄と除塵にかける時間が全く違います。この洗浄のことは、出来上がった羽毛布団のラベルに一切記載されていません。
おかもとの羽毛は洗浄と除塵にたっぷりと時間をかけているから、
臭いや埃があるとは言われたことがありません。
ヨーロッパに行って、羽毛を厳選してきました。

                     

ライオンヘッドグースの前で    ステッキダウンです        ポーランドの羽毛の選別風景
 

◯側生地

おかもとでお勧めしている側生地は綿100%


最近、量販店や通販でポリエステル繊維が多いのは、まず羽毛布団の価格を下げることを最優先しているからです。

もちろん、ポリエステル繊維の方が安価です。
ポリエステル生地にすると、羽毛布団のダウンの呼吸ができなくなり、寝返りする度に静電気でダウンホールが小さく縮んでいきます。

また、寝床(寝床内気候)が蒸れて、なにはともあれ、綿100%は必須です。

ぜひ、肌触り感、光沢感、重さをお店で体感して下さい。

肌触りの良いインド綿100%の羽毛布団の側生地

◯枡目(キルトの掛け方)

布団を広げて見ると枡目状にミシンでキルトを掛けています。他へ羽毛が移動しないよう偏らないようにキルトを掛けます。

一般的に横×縦が3×4〜4×5が多いですが、おかもとでは5×6を基本にして、おかもとドームキルトを考案して採用しています。
自分が寝た時に、スッポリとハマるようにキルト掛けして、端ではなく真ん中に羽毛が沢山入るように仕立てています。

他店でもよく似たキルトをされているお店もありますが、おかもとが最初に羽毛の社長と一緒に考案したものです。他店で真似されるということは、良いものと認識されているからだと思います。


また、マチは布団の上の生地と下の生地の間に立体的に仕上げる為に仕切り板みたいなものです。マチを低く(短く)すると出来上がった羽毛布団のポコポコ感がとても表れます。ポコポコ感をよく出すと羽毛と人間の肌との間に隙間が空いて、暖かく感じません。

おかもとでは羽毛のパワーや側生地のしなやかさを判断して、一番よい状態で暖かく寝ていただけるようにその都度、変えています。

 

ヨーロッパ、中国などの生産現場で確認した質の良い羽毛だけを取り扱っています。

おかもとドーム型キルトイメージ
おかもとドーム型キルト

 


お買い得 羽毛布団
150×210 シングル
ハンガリー産 マスコビーホワイトダウン 90%
50/40 ツイル側地 5×6枡キルト
かさ高160m ダウンパワー370
原産地証明のクオリティカード添付
¥56,000 セミダブル・ダブルサイズ作れます



お勧め 羽毛布団
150×210 シングル
ポーランド産 コウダマザーグース95%
非常に軽い ドイツ ノーブルタワーバディスト110番手側地
かさ高180m ダウンパワー420
おかもとドームキルト
原産地証明のクオリティカード添付
¥196,000円 セミダブル・ダブル作れます。

店内にシングルで¥56,000〜¥196,000の各ランクの羽毛布団お作りしています。


​超ロングサイズの220~230㎝もオーダーできます。
 

羽毛布団を購入したお客様の声

アレルギーが治まりました

商品を購入されるにあたって、どのような事で、今まで悩まれていましたか?

使っていた羽毛布団から細かな羽毛が飛ぶようになり、鼻のアレルギー症状が出てきたため。
 

実際、寝てみて(使ってみて)いかがでしたか?

全く羽毛が飛ばないので、アレルギーが治まりました。軽いので、体全体を包み込み、睡眠中に肩が出ることもなくなりました。

軽くて非常に暖かい

商品を購入されるにあたって、どのような事で、今まで悩まれていましたか?

元々、羽毛布団が欲しかったが、安いものから高いものまであり、適切なアドバイスが必要だと思ったから。
 

実際、寝てみて(使ってみて)いかがでしたか?

軽くて非常に暖かい。品質の割に非常に安価だと思う。

シルク

シルクの布団の良さは、なんと言ってもあの包み込まれるような暖かさです。寝返りしても肩にしっくり掛かり、肩先からポカポカです。蒸れるような暑さはなく、ほんまにええあんばいな暖かさです。



おかもとのシルクは、長野県産の繭(まゆ)から作った100%純国産品です。

一般のシルクは繭をお湯につけて糸を引くので、セリシンが流れ出てしまいますが、おかもとのシルクは生繭から糸を引くので、シルクの中にセリシンが豊富に残ります。繭を濡らして顔のところで繭をくるくるすると肌がとってもスベスベになるのもセリシンのおかげです。


 ※セリシン…アミノ酸の一種のタンパク質で吸湿性、放湿性に優れ、人間の皮膚組織に一番近く、アレルギー反応を起こしません。

また、シルクは天然素材の繊維の中で最も細くて長く、しなやかで糸切を起こしません。もちろん埃も出ません。とっても良いシルクの布団ですが、取り扱いは優しく優しく。シルクはデリケートな天然素材です。




おかもとでは、側地もシルク100%と綿100%のお好きな生地でお作りします。
シルクの綿の量もオーダーできます。このシルクは将来、仕立替えもできます。
自信を持って、お勧めできる布団です。

 

純国産シルクのわた純国産シルクの生地の価格

150×200 真冬掛け用 シルク2kg     ¥209,600
140×190 真冬掛け用 シルク1.7kg ¥187,880
150×200 冬〜合掛け シルク1.5kg ¥174,400
140×190 冬〜合掛け シルク1.3kg ¥159,720

ロングサイズやセミダブル、ダブルサイズもお作りします。
国産シルク100%冬掛布団
正真正銘、国産の絹綿100%です。生繭(なままゆ)から糸を引いているのでセリシンが豊富で自信をもってお勧めできる冬掛け真綿布団です。側地も、シルク100%です。
国産シルク100%合掛布団
正真正銘、国産の絹綿100%です。生繭から糸を引いているのでセリシンが豊富で自信をもってお勧めできる合掛け真綿布団です。側地も、シルク100%です。
国産シルク100%肌掛布団
正真正銘、国産の絹綿100%です。生繭から糸を引いているのでセリシンが豊富で自信をもってお勧めできる合掛け真綿布団です。側地も、シルク100%です。

エジプト綿

エジプト綿は世界三大綿花の1つ。エジプトナイル川流域で栽培された綿花です。繊維がとても長くしなやかで光沢感があり、とても希少な綿花です。
 

 ※世界三大綿花…アメリカ南西部のアリゾナ州で栽培されているスーピマ綿、エジプトのエジプト綿、中国・新疆ウイグル自治区の新疆綿


 

おかもとでは、6〜7年前からエジプト綿を取り扱っています。とろけるような感触で柔らかく、肌にも良く添い、特に女性の方に大好評です。従来の綿わた掛け布団よりずっと軽くて暖かいんです。綿わたは好きだけど重たいのはちょっと…と言われる方に最適です。


一級寝具技能士の資格をもった店長自ら、一枚一枚手作りでお作りしています。ご希望のサイズ、重さにオーダーでお作りします。


  わたの掛布団より薄くて軽くて、暖かい


エジプト綿 冬掛け   140×190 ¥32,580
            150×200 ¥34,360
      合掛け 140×190 ¥26,180
                    150×200 ¥27,960

ベビーサイズ~ダブル迄、ご希望のサイズにお作りします。

ウール

世界には、イギリス産、オーストラリア産、ニュージーランド産、フランス産のウールがあります。


おかもとのウールはイギリス産英国産ウールを使っています。なぜかと言うと、第一にウールの品質が長年安定しているから、第二にクリンプ(くるくるとねじっている毛)がしっかりしていて寝具に適しているからです。

       ウールの合掛布団

ウールは暑い時は涼しく寒い時は、暖かくする力が抜群です。朝晩の冷え込みがある春や秋に使うのがウールの良さを1番に感じることが出来ます。それで、おかもとのウールの布団は合掛け布団と肌掛け布団(ケット)しか作っていません。
側生地は綿100%ですが、体に触れる面は国産の和晒し二重ガーゼを使っています。そうすることで、ウールの呼吸を弊害することなく、ウールの良さ(保温性・吸湿による発熱性)を最大限発揮できるからです。特に、肌掛布団はウール100%でも家庭洗濯機で洗うことができるのも魅力です。



   肌に触れる面は国産二重和晒しガーゼ


ウール合掛け 140×190 ¥19,600
               150×200 ¥21,000
                     150×210   ¥21,000

ロングサイズやセミダブル・ダブルサイズもお作りします。

米綿

アメリカで品質改良された綿でUSコットンとも呼ばれています。

先代の頃から、当店でずっと長年扱い続けてきました。エジプト綿に次ぐ米綿わたには最高級の掛布団の中わたです。

       米綿100%掛布団
ポリエステル綿は一切入らず、綿わた100%なので綿本来の良さを感じていただけます。
少し重みのあるわたの掛布団が欲しい人には、もってこいの布団です。
お好きな柄でご希望のサイズ・重さにお仕立てする一級寝具技能士の店長手作りの布団です。


最高級米綿わた 綿サテン側地 
150×200 ¥28,700
150×210 ¥30,820

ベビーサイズ~ダブルサイズ迄ご希望のサイズにもお作りします。
このページの上へ