ぐっすり眠れる布団とベッド体験が出来る布団屋。キャメル敷、ウール敷、綿わた敷布団、ラジカルマット、サーナマット、エアーミールマット、ベッド、パシーマ、羽毛布団、シルク布団、真綿布団、エジプト綿掛布団から、あなたに合った寝具を提案します。

HOME > 最新ニュース

2015年12月1日中国の羽毛を視察に行きました。

更新日 : 2016/2/26

Tu I don't

​H27/11月29日から12月1日まで、ほんまに店が忙しい時期なんですが
中国に羽毛布団の原材料である水鳥(アヒルとガチョウ)の農場と工場の
視察に行きました。

何故、店を休んでまで視察に行ったというと、卵からひよこ
​そして、マザ-ダックになるまで、一貫して育ってダウン(羽毛の毛)を採取する。
そして、ダウン(羽毛の毛)を洗浄/除じん/選別し(手選別も含む)までして
出荷できるのは、中国広しと言えど、唯一ここしかやっていないのです。
飼育農場や工場も、丁寧に案内して頂き、勉強させて頂きました。
ここで、育てられているダックは最高でした。特に、ライオンヘットグ-ス(水鳥)は
とても大きく、普通の水鳥の成長の高さは、約40cmで、ライオンヘットグースは
成長の高さは、70㎝から80㎝程になります。だから、取れるダウン(羽毛の毛)も
非常に大きく。ヨ-ロッパのマザ-ダウンにひってきする位の上品質でした。
社長さんの羽毛に対する熱い思いも半端ないもので、この環境で、育てられている
水鳥の羽毛なら間違いないと確信し帰路に着きました。
羽毛掛布団って製品になったら、中の羽毛(ダウン)を見る事は出来ません。​
だから、チャ~ンとした本物、羽毛の毛(ダウン)で作られなければならないのです。
羽毛布団って製品になったら中の羽毛を見る事は出来ません。
だから、ちゃんとした本物のダウンで作らなければならないのです。
羽毛の布団の仕立変えの時、記載されているラベルと明らかに違う
う羽毛が入ってる事がちょくちょくあります。
私達は、間違いないダウンで作りたい。
その為にも、現地迄行って自分の目で見て、自分の手で触り確かなものだと
確信できたから、自信を持ってお客様ににお勧めしています。

 
 

 


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>

このページの上へ