お布団の悩み、相談コーナー (お布団の事なら、何でも聞いてな)

HOME  > もっと早く知っておきたかったとお布団の相談、悩み・・・布団の話
もっと早く知っておきたかったとお布団の相談、悩み・・・布団の話

今日の相談・・お店を入るなりに、体圧分散するマットレスが、ありますか?と訪ねてきました。 聞くと、普通のマットレスは、柔かすぎて・・寝返りが出来ないので、腰が痛くて辛いので、 寝返りがしやすいマットレスは、有りますか? 

詳しく・・尋ねると・・今、敷いているマットレスは何ですか?と、尋ねると、
近くのスーパーの¥4980で3か月前に購入したマットレスだそうです。安いからとびついて購入したら、身体の、不調が現れやすいのです。それと、直接・・寝る物ではなく、あくまでも敷布団の補助として使っていくものです。お客様の体型では、沈むよなマットレスは、不向きだと思います。硬いマットレスを勧めします。後に、購入
 

歳を重ね、だんだんと布団が重たく、なって・・寝苦しく朝が、起きるのが苦痛になってきました。 半年前に、一度 布団屋のおかもとさんに、相談しに行きました。 1時間かけてお話を聞いてアドバイスをして頂き、有難うございました。 その時は、真綿の掛布団と羽毛の掛布団をお勧めして頂きました。 その時に購入すればよかったのに、・・・・・今となっては、後悔の連続です。 ようやっと、重たい腰を上げ・・・もう一度、お話を聞きに店に行きました。

     Yさん、有難うございます。その時は、私の家内が、接客をしたと思います。今度は、私が応対をさせて頂きます。
O  どの様な悩みで、掛布団を変えようと思っているのですか?
Y   最近、歳のせいか・・・掛布団がお重たく感じるようになり、朝起きるのが苦痛で、寝た気がしないのです。
     前に、同じ質問を奥様にしましたが、今度は、迷いなく、もう一度お話を聞きに来ました。
O  わかりました。今、お使いの掛布団は、綿の掛ふとんですね。その掛布団は、何年使われていますか?
Y   12年ぐらいです。
O  それは、かなり使われていますね。12年間その掛布団は、一度もメンテナンスしていませんか?
Y   はい、していません。
O  それは、だいぶんそのお布団の綿わたに、汗や汚れが染み込んでいます。
    その影響で掛布団が、重たくなっているようにおもいます。
Y   それで、新しく掛け布団を購入したいと思います。
     前回、聞いた時は真綿掛布団か羽毛掛布団を勧めて頂きました。 どちらが、よろしいでしょうか?
O   軽くて暖かいのは、羽毛掛ふとんです。
     真綿の掛布団は、羽毛の掛布団に比べたら、暖かさはかわりがないのですが、
     重さは、羽毛掛布団に比べると、若干ですが重たいです。
Y   メンテナンスは、どうすればいいのか教えて下さい。
O   羽毛掛布団は、4年~5年位に、一度、布団の丸洗いをすれば良いです。
     その後は5、6年後に、仕立て替えをお勧めします。
     その時は、当店では羽毛布団の中身のダウンを取り出して、
     傷み具合をお客様の目の前でチェックしてからしか羽毛の仕立て替え(リフォーム)をしていません。
     そうして、うまく長く使って頂きたいのです。
     また、真綿掛布団は、3~4年後に、布団の丸洗いをお願しています。
     当店の真綿掛布団は、布団の丸洗いは出来ますが、他社の真綿掛布団は、出来ないことが多いので気を付けて下さい。
     真綿掛布団は、基本、打直しは出来ません。
     真綿の掛布団の特徴は、肌によく添い暖かく、ホコリが出にくく、アレルギー反応を起こしにくいのが特徴です。
Y   わかりました。今回は、購入するつもりで来ましたので・・・悩んだ結果、羽毛掛布団にします。
O   有難うございます。それでは、羽毛掛布団をお作りますので、10日お待ち下さい。
     それと、掛布団カバ-ですがおススメしたいのが有ります。羽毛掛布団に相性が合う綿100%の素材で出来ている、
     当店のオリジナル掛カバーが有ります。
     それを羽毛掛布団にかけて頂くと、より一層羽毛の温さが伝わり、とても暖かく快適に眠れます。いかがですか?
Y   それも付けて下さい。
O   有難うございました。
 
その後・・当店にお礼の電話を頂き有難うございます。

良かったから、もう一枚作って

一年前にセミダブルの綿わたの敷布団をお作りした人が、今日、来店され
「一年前に作ったセミダブルの敷布団が、この寒い日でもめちゃ暖かいから、
もう一枚同じもの作って」と、注文して頂きました。
早速、生地の柄を選んで頂き、サイズも同じ130x200にして中綿も同じ、
おかもとオリジナル混綿でお作りすることにしました。
お客様に暖かくて、喜んで頂いて、ほんまに、ほんまにうれしゅうおます。おおきに~。
手作りなので時間が少々かかりますが、愛情込めてお作りしまっせ~。待っとくなはれー。

 

手書きの問診のカルテ初めて見ました

今日、30才位の女性がオーダー枕を作りに来られました。
オーダー枕をする時は、最初に問診みたいなカルテで寝ている状態や枕や生活スタイルを尋ねます。
そこから、よく眠れない原因は何なのか、おおよそ検討がつくんです。
例えば、枕なのか、ベッドなのか、はたまた、寝る前のスマホの見過ぎが原因なのか。
この問診は、とても重要なので、必ず皆さんに尋ねています。
その問診が終わるや否や、その女性が一言。
「私、大学病院で、薬剤師の仕事をしていますが、初めて手書きのカルテと言うのを見ました。
こんなんあるんですね。すごい!」
私・・「すごいことなんか、なーんにもあらへんのよ。パソコンが苦手だから、手で書いているだけよー。」
女性・・「でもこれって、何かつけ足した方がいい時にすぐに書けていいですね。」
私・・「そうなんよ。この質問はもっと聞いたほうがええな~とか、この質問は削除しようとか
          その時に、変更できるからええんよ。」
こんな会話をしながらオーダー枕を作りました。
お客様が帰られてから私は、この手書きの問診票を見ながら大学病院の薬剤師さんの職場で
手書きのカルテなんかあるわけでないわな。
アナログやけど、型にはまらず、各人それぞれ違う質問や、感じたことをすぐ書ける手書きの問診票は最高や。
型に入ってやっていたら、それしか解れへんし、微妙な調整がでけへんマニュアル通りのオーダー枕になってしまうやん。

 

ホームページを見て大阪千里中央から来て頂きました。

お話を聞かせて頂きますと、お客様の近くのお布団屋さんに、8年前に婚礼の敷布団から八端判の座布団10帖に打ち直し/仕立て替えを依頼したのですが、仕立て替えをした座布団の側が破れ綿わたが出てきたのです。それを、確認した所・・綿わたと綿わたの間にウレタンフォームが入っていたのです。綿わたも変えられた事もショックで、そのふとん屋さんを信じられなくなってしまいました。その時に【布団屋のおかもと】ホームページ見て、その中の「打ち直し/仕立て替え」コーナーにしっかりとした内容なので一度お話を聞こうと訪ねて来てくれました。有難うございます。最近、敷布団が重たく、持ち運びが大変なので、綿わたで軽く、サイズの小さいサイズの敷布団が欲しいのです。わかりました。2時間ほど色々とお話を聞かせて頂き、お帰えりになられました。その結果は、190x90のインド綿圧縮敷布団1枚と105x200の綿わた敷布団を購入して頂きました。

 です。
有難うございます。

大阪府泉佐野から、ホームページを見て、ベッドとマットレス(敷布団)の相談して下さい。

【布団屋のおかもと】を知る前に、あちこちの家具屋さんと布団屋さんに見に行ったのですが、もうひとつ納得のいく説明がなく、ガッカリしていました。その時に、当店「布団屋のおかもと」のホームページを見て、一度お話を聞こうと思い訪ねて来て頂きました。特に、『ベッドは、寝具の一部であり・・家具ではない』の一言が気に入りました。色々と寝具(敷布団とベッドマットレス)とベッド(チャー)のお話をさせて頂き、国産のベッド(S)とお布団を購入して頂きました。

  です。ありがとうございました。
このページの上へ